顔の汗 化粧崩れ

顔の汗による化粧崩れ

本来、汗は水に近い成分です。
でもそういった水に近い汗だと皮脂や化粧品で守られている肌ではすぐに流れ落ちてしまいます。

 

顔の汗といったように一部分に大量の汗をかく場合は、
ナトリウムと塩素が 塩になり、再吸収されるゆとりがなくなります。
そうなることで汗として皮膚の表面に大量に出てきます。

 

塩などを含んだ汗は化粧崩れしやすい汗です。
特徴としては、どろどろしていてベタベタした汗です。
その汗が化粧と混ざることで、見た目がとても良くなくなります。

 

また、ホコリといった空気中の汚れも吸着してしまいます。
臭いも水のような汗にくらべ臭いやすくなっている状態です。

 

顔の汗で化粧崩れしてしまうのを防ぎたいのであれば、
日頃から適度な運動をして全身で汗をかく体作りをしましょう。